【マットレス】コラム

除湿シートは100均で購入可!おすすめ種類や布団用はない?

スポンサーリンク




日本は湿気が多いので高価な布団や大事なものを押し入れやクローゼットに納めているとカビの被害に遭いやすくなります。

特に布団は季節外れの物やお客様用は長期間しまいっぱなしになりますからしっかり湿気から守りたいですよね。

その為には除湿グッズを活用したいところですが、実は100均の除湿シートがかなり充実していて使えるということをご存じでしょうか?

100均にはどんな除湿シートがある?

布団を湿気から守るためにおすすめなのはどんな除湿シート?

そこで今回は

除湿シートは100均で購入可!布団用はなくどんな種類がおすすめ?

について注目してみました。

除湿シートは100均で購入可?

除湿シート 100均 購入可

◇ダイソーやセリアなどで色んな種類の除湿シートが手に入る!

いまや100均はデザインもオシャレでとってもかゆいところに手が届くグッズを多数販売していますが、除湿シートもとても充実しています。

特にダイソーは除湿シートの種類がとても豊富で、使う場所やアイテム別に除湿の商品がそろえてあるんですよ。

ダイソーで販売する除湿シートの一例を見てみると

・洋服ダンス用(吊り下げタイプ)

・押し入れ用(置くタイプ)

・衣装ケースやタンス用(置くタイプ)

・革製品用(置くタイプ)

といった種類があります。

どれも23枚くらい入っていて、シリカゲル使用なので使用後にパッケージにある説明通り天日干ししたら吸湿効果が復活するものが中心です。

除湿シートは薄くて場所をとらず除湿できますし、100円なのでたくさん買ってどんどん湿気をとりたいところに置いておくことができ経済的ですね。

特に最近は豪雨も多いですし梅雨時期から夏にかけてはものすごく湿気の多い時期が続くので安いものを遠慮なく十分に使いたいところ。

スーパーの湿気取りは結構高いので交換するのがもったいないような気持ちになることがありますが、安いもので躊躇なく交換するのが一番です。

100均には他にも吸湿するとゼリー状になるタイプの湿気取りも売られているので、これらも併用して大事な持ち物をしっかり湿気から守りたいですね。

他にもセリアでも吊るせる押し入れ用除湿シートや防虫効果のある引き出し用除湿シートも販売していますよ。

いずれにしても色が変わって交換や天日干しのタイミングが分かりやすいもの、使用期間ができるだけ長く使えるものを選ぶといいですね。

スポンサーリンク




除湿シートは100均に布団用はなくどんな種類がおすすめ?

除湿シート 100均 購入可

◇「引き出し用」や「押し入れ用」で防虫効果もあるタイプがおすすめ

では大事な布団を守るための100均除湿シートとして、おすすめなのはどのタイプなのでしょうか。

100均には布団用という形で販売されている除湿シートは見られません。

販売されている中では吊るすタイプは布団に使用するには少し難しいので「引き出し用」や「収納ケース用」「押し入れ用」といったものがおすすめです。

こちらをパッケージの指示に従って布団の上に置いたり畳んだ隙間に挟み込んだりします。

また私の場合は100均のスノコを2枚ほど買って、押し入れでその上に布団を置くようにして、スノコの下にもいくつか除湿シートを置いています。

広い押し入れなら念のため「水とりぞうさん」のような容器に除湿した水が溜まるタイプの除湿グッズをプラスして置く場合もあります。

でも水とりぞうさんは使い捨てで高いですから、もったいないという場合は100均の除湿シートをたくさん使って再利用していくといいですね。

ちなみに交換を忘れないためのポイントとしては除湿シートを「パッと見てあるのがすぐわかるようにちょっとはみ出して置く」こと。

例えばスノコに乗せた布団の下に置くなら、スノコからわざとちょっとはみ出して見えるように置くのです。

こうすれば押し入れを開けるたびに気になって交換が必要でないかチェックするので忘れずに済みますよ。

あとは除湿効果だけでなく防虫効果も謳っている商品があれば、ジメジメを好むダニへの対策にもなるのでより湿気対策として効果がありますね。

まとめとして

布団にカビを生えさせないための除湿シートは100均でも揃えられることが分かりました。

湿気の多い時期には特にたくさんの除湿シートを役立てて布団をしっかり守りたいですね。

100円なら安いのでどんどん使っていきましょう。

ダイソーやセリアだけでなく他の100均にも除湿シートはあるので色々使い比べてみて下さいね。

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です