ヨギボ―(Yogibo)

ヨギボ―(Yogibo) ビーズクッションの値段・サイズや洗濯は必要あり?

スポンサーリンク




気持ちよすぎるビーズクッションで大人気の「ヨギボー(Yogibo)ビースクッション」は思わず寝落ちしてしまう人続出のクッションです。

ヨギボー(Yogibo)は全国のイオンやビックカメラにも出店していてシンボルカラーである緑の看板を見ることも多くなりましたね。

中でも持ち運びが楽で手ごろにヨギボー(Yogibo)の良さを試せるお値段のクッションはたくさんの方に愛用されています。

そんなヨギボー(Yogibo)ビーズクッションのお値段やサイズ展開は?

洗濯はどうなるの?

そこで今回は

『ヨギボ―(Yogibo)ビーズクッションの値段・サイズや洗濯は必要あり?』

にフォーカスしてみました。

ヨギボ―(Yogibo)ビーズクッションの値段・サイズをチェック!

ヨギボ― Yogibo ビーズクッション 値段 サイズ

ヨギボ―クッションはキッズサイズの500円から9,800円の抱き枕まで!

ヨギボーと言えば体全体をドーンと預けられるソファが有名ですが、お家や職場で手軽に楽しめて気持ちよさを満喫できるクッションも魅力です。

でも手頃といってもクッションはどれくらいのお値段のものがあるのでしょうか?

以下にクッションの代表的な種類を一覧にしました!(価格は税抜)

<ヨギボービーズクッション7>

  1. Yogibo Canvas Cushion Mini 500

お子さんが使うのにちょうどいいミニサイズ(11×13×厚み5㎝、重さ30)でナチュラルなベージュ、4タイプの動物が描かれています。

別売りの専用ペイントキット(200)を使い好きな色にペイントが出来て72時間たつと洗濯も可能なのでオリジナルクッションを作れてしまいます!

アウターカバーはコットン100%でお子さんの肌にも安心。

  1. Canvas Cushion Long 1,000

先ほど紹介したキャンバスクッションのロングサイズでこれもペイント可能、縦39×19×厚み11㎝、重さ230g。

  1. Flower Cushion 2,980

ポップなスマイル顔のフラワー型クッションでお子さん用はもちろんソファやベッドに置けばかわいいアクセントに。

直径40×厚み17×重さ350g。

Roll Dot 2,980

 

 お昼寝に最適なオリジナル繊維で作った楕円形の枕でカラーバリエーションは7色。

 長さ35×15㎝、重さ0.3kgと程よい長さと丈夫な厚みでちょっとした昼寝のひとときを優しくサポートしてくれます。

  1. Zipparoll 3,500

四角いクッションにジッパーが付いています。

 普段はデスクワークの椅子の背において腰用クッションとして、デスクでのお昼寝の際には筒のように巻いてジッパーを閉めて手を入れれば昼寝枕に。

 もちろん巻いた状態でソファやベッドで使う枕にも活用できカラーバリエは17色!

  1. アニマルクッションシリーズ 各4,980

 キツネ・ゾウ・ペンギン・キリンのかわいいイラストのビーズクッションがお部屋の雰囲気を明るく楽しくしてくれます。

 長さ38×38×厚み20㎝と誰が使うにもちょうどいいサイズのクッションです。

⑦日本限定サイズYogibo Roll Midi(ヨギボーロールミディ) 9,800

 Yogibo Japanのオリジナルサイズで日本人が抱きしめやすい長さ120×20㎝、重さ1kgで色はレッド・ピンク・キャメルなど16色。

ヨギボーでは他にもまだまだたくさんのクッションがあるので公式オンラインストアでお気に入りを探してみて下さいね。

スポンサーリンク




ヨギボ―(Yogibo)ビーズクッションの洗濯は必要あり?

ヨギボ― Yogibo ビーズクッション 値段 サイズ

カバーは外れるので洗濯機の「非常に弱い」モードで洗濯できて衛生的!

ヨギボークッションは体を預けて楽しむ物ということで、つい家族や恋人と取り合いになったり顔をうずめて熟睡してしまったりするグッズです。

その為気になるのが洗濯した方がいいのか?ですね。

ヨギボビーズクッションの素材を見ると

・中の詰め物(充填材):発砲スチロールビーズ/ポリエステル

・インナーカバー:ポリエステル/ポリウレタン

・アウターカバー:コットン/ポリエステル/ポリウレタン

となっています。

インナーカバーと詰め物は洗濯できませんがあまり水分や汚れが付着する心配はない素材ですね。

直接肌がふれるアウターカバーはコットンを含んでいて外して洗えます。

アウターカバーは是非定期的に外して洗って衛生面をキープして気持ちよく使いたいところですね。

洗い方は衣類洗濯機の「非常に弱い」モードでアウターカバーを洗い、漂白剤は使わないようにします。

洗濯後は衣料乾燥機で低温乾燥させるか日陰で平干しにするといいですよ。

また素材が汗や水分で色移りする可能性があるので他の洗濯物とは分けて洗うのがおすすめです。

一部の繊維が抜ける場合もあるとのことなのでネットを使って洗うのが確実でアイロンは使わないようにしましょう。

尚お手入れ方法は商品によって多少違いますので購入するアイテムの製品説明をよく読んでやってみて下さいね。

スポンサーリンク




まとめとして

ヨギボー(Yogibo)ビーズクッションは実に様々なデザインと使い方の物が販売されています。

全国のヨギボストアで実物を探してもいいですが、クッションの種類は多いのでまずは公式オンラインストアでチェックするのがおススメです。

キャンバスクッションと別売りペイントキットもオンラインストアなら同時に注文できますよ!

お部屋に置くお気に入りとして、あるいは職場に置いておく昼寝枕として手頃なものが多いのでのぞいてみて下さいね。

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です