【マットレス】コラム

涼しいマットレスの条件や暑い・寝苦しい夜の対策をチェック!

スポンサーリンク




年々暑さが増しているのではないかと思う日本の夏

特に昔は夜になれば涼しくなっていたのに、このごろは夜になっても暑くて寝苦しいと感じますね。

少しでも快適なベッドルームにして、暑くてもしっかり眠りたい!

実はマットレス選びを気を付ければ、より快適に過ごせるんですよ。

暑い夏の夜の寝苦しさをなんとかする対策は?

そこで今回は

『涼しいマットレスの条件や暑い・寝苦しい夜の対策をチェック!』

について注目してみました。

涼しいマットレスの条件とは?

涼しい マットレス 条件

◇ポケットコイル・ボンネルコイル・ファイバー素材のマットレスが涼しい!

お手頃な価格で購入でき量販されているマットレスの中材によく使われているのが「ウレタン」です。

しかし、ウレタンは隙間がないので、通気性がよくなく、特に夏は熱がこもって外に発散されにくくなります。

すると夜中に寝苦しさで中途覚醒し、寝付けなくなったり、暑さを背中から逃がすために寝返りが増えたりして体へも負担に。

暑さで寝不足になると、ただでさえ夏は体力をうばわれがちなのに辛いですよね…。

そこで、夏でも涼しく過ごしやすいマットレスのおすすめは

  • コイルマットレス(ポケットコイル・ボンネルコイル)
  • ファイバー素材のマットレス(ポリエチレンなど)

といった素材のマットレスです!

コイルマットレスはマットレスの内部にバネがたくさん並んでいて、体をしっかり支えつつ体圧分散に優れているマットレス。

これはウレタンマットレスなどと違い、バネの間にすき間があるので、空気がすき間を抜けていきやすく、熱がこもりにくいです。

またファイバー素材のマットレスといえば、CMでおなじみの「エアウィーヴ」など、素材を編み上げてつくられているので通気性抜群。

エアウィーヴマットレス スマートZ 値段 サイズ

エアウィーヴマットレス【スマートZ】の値段・サイズや収納に便利?

水で丸洗いできるほどなので、湿気もこもりにくく汗など水分によるカビ対策にもなります。

これらの素材のマットレスなら、ウレタンマットレスより夏の熱帯夜も背中に熱がこもったり蒸れて寝苦しいということを減らせますよ。

スポンサーリンク




暑い・寝苦しい夜の対策をチェック!

涼しい マットレス 条件

除湿シート、夏用敷パット、すのこベッドフレームを使う

ではマットレス選びだけでなく、さらに熱い夜の寝苦しさを軽減させる対策をご紹介しましょう。

除湿シートをマットレスの下に敷く

モットン除湿シート 湿気対策効果 素材

除湿シートとは、マットレスや敷布団の下に敷いて使うマットのような物です。

これを敷くと布団やマットレスの汗や湿気が、下の除湿シートへ吸い取られていき、マットレスや敷布団がサラッと快適なままです。

背中が蒸れる不快感が軽減し、布団のカビ対策にもなるのでおすすめ。

しかも商品によっては湿気がたまったら色が変わるマークがついていて、この色が変わったら天日干しすると、乾いてまた再使用できる優れものも。

暑い時期は布団を干すために持ち運ぶのがつらいですが、これがあればシートだけを引き抜いて干せばいいのでとっても楽です。

夏用敷パットを使う

マットレスの上に夏用の「冷感」敷パットを使うと、更に快適に。

私も使用していますが、触っただけでひんやりと感じる冷感敷パットは、使うのと使わないのとでは寝苦しさがまったく違います。

家具量販店やスーパーなどでも手に入りますし、お子さんやペットのいる家庭には防水仕様の冷感敷パットもあるので便利ですね。

すのこベッドフレームを使う

すのこベッド マットレス 布団

体から発散される熱や湿気はマットレス内にどんどんたまってしまい、夏の暑い時期にそのままにしておくととても寝苦しくマットの裏もカビだらけに。

それを防ぐには「すのこベッド」にするのも手です。

ベッドフレームを「すのこベッド」とよばれる、マットレスを置く部分がすのこ状に隙間がたくさんあるタイプにすると、マットレスの熱が下に逃げます。

熱だけでなく湿気も逃がすことができるので、寝苦しさが軽減するだけでなくカビやダニ対策にもなり一石二鳥。

これからベッド購入を検討中の方はぜひすのこベッドも検討してみてください。

寝る2時間前に窓をあけ室内の熱を逃がしてから、エアコンをつけておく

熱帯夜になりそうな日は、寝る2時間くらい前には窓をあけ、屋根や家の壁から室内にこもる熱を外に逃がしましょう。

そして窓を閉めたらエアコンを稼働して、寝る前から部屋やベッドを冷やしておきます。

すると何もしないよりも快適に涼しく眠ることができますよ。

特に2階以上で寝る場合は、昼間の熱が夜にこもりやすいのでやってみてください。

スポンサーリンク




まとめとして

夏の暑さは年々増しているように感じますが、それでも涼しいマットレスを選び、寝苦しい夜の対策をすれば暑さが軽減します。

最近は夏用寝具や涼感グッズも安く手に入るようになっていますので、寝具ショップや家具ショップを見てみましょう。

webストアでもたくさんのグッズがあるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です